私の英検1級 単語学習法

目安時間:約 13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
2016-12-06_104025

 

 

英検1級を受験する上で、多くの受験生が悩むのが

1番の語彙問題です。

 

 

 

私も始めて1級の語彙問題を見たとき、

100語(25問×4)の内知っている単語は

1つしかありませんでした。(爆)

 

 

今日は私の単語学習法について書きます。

 

 

私が使用した本

 

 

英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)  

 

 

 

1100 Words You Need to Know  

 

 

Basic Word List

 

 

 

私は3冊の本を使用しました。

 

 

時間がない人が最短で英検1級に合格するのであれば

パス単1冊を完璧にすればなんとかなります。

 

 

特に2016年度になってから出題される単語が

かなり易しくなっているので、パス単1冊を完璧にすれば

20点は取れます。

(その反面今まで見たことのない単語も出題されていますが、

知らなくてもなんとかなります。)

 

 

以前パス単からどれくらい英検1級の単語が出ているか

データを取ったことがありますが、一番低い時でも50%後半、

高い時は70%弱パス単から出題されています。

 

 

ここまで出題率が高いと、問題作成者はこの本を参考に

しているのではないかと勘繰りたくなります。

 

 

 

私は別売りのCDを購入して、CDを聞きながら、

単語を発音する⇒意味を口に出すという作業を

繰り返して、暗記しました。

 

 

私は紙に書くと記憶しやすいので、紙にも数回単語を

書きました。

 

 

ただ紙に書く方法は合う合わないがありますので、

自分でやってみて、取り入れるかどうかを決めてください。

 

 

単語を覚えるコツは、ありきたりですが、

とにかく繰り返すことと、復習をマメにすることに

つきます。

 

 

どんなに時間をかけても1回で単語を暗記することは

不可能です。

 

 

忘れたらまた覚えれば良いというぐらいの大らかな気持ちで

単語学習に取り組むと上手くいきます。

 

 

 

1100words you need to knowは、パス単をある程度暗記した後に

使用しました。

 

 

この本も英検1級合格者の間では結構有名な本です。

 

 

この本は、英文の中で単語を覚える形式をとっているので

暗記が機械的にならずに済みます。

 

 

特にパス単に挫折した人の間で人気があります。

 

 

ただ反面仕上げるのにはかなり時間がかかるので、

短期間で単語を覚えるのにはあまり向いていません。

 

 

この本の難点は、誤植がやたらと多いことです。

私が使用したのは、この版の前の本ですが、

10か所以上誤植がありました。

 

 

ただちょっと気を付けて見れば、ミスにはすぐ気づくので

大きな問題ではありません。

 

 

 

basic word listは辞書代わりに使用しました。

 

 

アルファベット順にひたすら単語が並んでいるので、

この本で単語を暗記するのは、かなりの忍耐力が必要です。

 

しかも私が使用した版には、発音記号がなかったので、

別途辞書をひかなければいけませんでした。(>_<)

 

 

ただ現在の版では、発音記号はついています。

 

 

使うとしたら辞書代わりですが、

別になくても大丈夫です。

 

 

18点から20点を目指す人

 

 

 

18点から20点を目指す人は、パス単1冊を完璧に仕上げて下さい。

確実に20点は取れます。

 

 

20点以上を目指す人

 

 

 

パス単だけでも20点以上取れますが、

1100 WORDS YOU NEED TO KNOWまでやれば

万全です。

 

 

あと英検1級の試験では、過去に出題された単語が

繰り返し出題されていますので、

過去問の単語問題をたくさん解くことをお勧めします。

 

 

過去問に出ている単語でパス単に載っていない単語は

きちんとチェックして、覚えておくようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

以前の採点方式では、リーディングの比率が高かったので、

語彙対策に力を入れて高得点を狙うという戦術は

有効でした。

 

 

ただ昨日の記事に書きましたように、

2016年度から採点方式が変更になり、

リーディングの比重が45%から33%に下がりましたので、

語彙対策に多くの時間を割くのはあまり得策ではないと

私は考えます。

 

 

そもそも選択肢の単語を全部知っている必要は

ありません。

 

消去法を使えば、75%知っていれば十分です。

(25%は知らなくても良い)

20点を取るのであれば、75%×0.8ですから

60%の単語を知っていれば大丈夫です。

 

 

60%の単語を知っていれば良いのであれば

大分気が楽になりませんか?

 

 

単語学習に時間をかけるよりも

以前より比重が上がったエッセー(ライティング)の対策を

しっかりした方が良いです。

 

 

エッセーは書き方のフォーマットを学び、添削指導を受ければ

比較的短期間で点数が上がります。

 

 

学習全体のバランスを良く考えてから

学習計画を立てるようにしましょう。

 

 

英語教材、英語学習法について何か質問がありましたら、

お気軽にこちらからお願いします。

原則24時間以内に連絡いたします。

 

⇒ナオタローに相談してみる  

 

 

スカイプお茶会をしませんか?

 

スカイプお茶会とはスカイプを用いたオフ会です。

 

英語学習をしていて困っていること、悩んでいることはありませんか?

 

+英検、TOEICの学習法が良く分からない
+何の教材を用いて学習してよいのか分からない
+今の自分の学習法で良いのか分からない 等何でもお気軽にお話ししましょう!

 

通話法:スカイプ(インストール、利用は無料です) 時間:20分~30分

料金:無料

 

ご希望の方はこちらのお問い合わせフォーム からお申込みをお願いします。

お問い合わせフォーム

こちらから折り返しご連絡を差し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:ナオタロー

海外、留学経験なしで、英検1級、TOEIC980点を取得。
独学で英検1級、TOEIC900点、英会話を習得する学習法について書いています。

詳しいプロフィールはこちら

スーパーエルマ―
英語を英語の語順で理解できる教材

スーパーエルマー
詳しいレビューはこちら
英語ビュッフェ
1か月1,980円で万全のTOEIC対策

スーパーエルマー
詳しくはこちら
カテゴリー
サイト内検索
タグ
最近の投稿
よく読まれている記事
最近のコメント
人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願います。


英語 ブログランキングへ

ツイッター

ページの先頭へ