私が今までにやって効果があった学習法

目安時間:約 16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
study

 

 

私は今年で英語学習をやり直してちょうど10年になります。

私が今までやって効果があった学習法について

今日は書きます。

 

 

 

 

音読

 

音読をやってみようと思ったのは國広先生のこの本を

読んだことがきっかけです。

 

國弘流英語の話しかた  

 

 

 

 

この本で國広先生は、英語力のベースは音読で養われたと

おっしゃっています。

 

 

國広先生が中学生の頃は、今のように英語教材が豊富になかったため

中学校の教科書を500回以上、中には1000回以上音読されたそうです。

 

 

私は、國広先生程の回数はできませんでしたが、

私はこの教材を全て200回音読しました。

 

 

 

 

 

音読を何回もやるのは本当に根気が必要ですが、

効果は私が保証します。(実践済み)

 

 

音読の効果はたくさんありますが、

ひと言で言うと、

英語を前から英語の語順で理解できるようになります。

 

 

英語を前から英語の語順で理解する能力は、

リーディング、リスニングでは特に重要です。

 

 

実際に私のブログの読者の方が、

以前の私のブログの音読の記事を読んで、

一念発起して音読を実践され、

何度受験しても合格できなかった英検準1級に

合格したという報告を受けたことがあります。

(他にも音読を実践して英語力が上がった

という報告をたくさん頂いています。)

 

 

何回も音読していると、こんなに繰り返すことに

意味があるのかと思えてきますが、愚直に実践すれば

必ず視界が開けてくるときが訪れます。

 

 

効果を信じてやってみてください。

 

 

シャドーイング

 

 

シャドーイングは、最近英語教育にも取り入れられるように

なってきた方法で文字通り影のように、少し遅れて英語の

音声を復唱する学習法です

 

 

元々は通訳学校で主に使われていた方法ですが、

最近は一般的な学習法として定着しました。

 

シャドーイングのメリットは

 

①リスニング力アップ

②スピーキング力アップ

 

と一般的に言われています。

 

 

実践されたことがある方はお分かりだと思いますが、

シャドーイングは音声を聞いて即座に

復唱しなければいけませんので、

かなり負荷が高い学習法です。

 

 

私はシャドーイングをかなり本格的にやりましたが、

実践して感じた効果は、

 

①英語の処理能力アップ

②リスニング力アップ

③予測能力アップ

 

です。

 

実践した教材は音読と同じで

こちらを使用しました。

 

 

 

 

回数はやはり200回です。

 

スーパーエルマーをやった後に使用したのが

こちらの教材。

 

究極の英語学習法K/H System (入門編)  

 

 

この教材は入門編とかかれていますが、レベルはかなり高く

TOEICで言えば860点以上が対象です。

 

 

この教材の特徴を一言で言うと、

1つの素材を殆どミスがなくなるまで

徹底的にシャドーイングするということです。

 

 

元々通訳養成スクールのメソッドなので

かなり高度な内容です。

相当ストイックでないとまず続きませんが、

やり切れば英語力アップは間違いないです。

 

 

私はK/Hシステムを実践する為にICレコーダーを

購入しました。

 

 

K/Hシステムの方法で1つの素材を完璧にシャドーイング

できるようになると、リスニング力がかなり上がりました。

 

 

私は初中級者の方にはシャドーイングは

負荷が高すぎるのでおすすめしません。

 

 

初中級者の方には、音読をおすすめします。

 

 

これからシャドーイングを始められる方は、

最初はゆっくりと話されている素材を使ってください。

 

 

ゆっくり過ぎるぐらいでちょうどいいです。

最初はゆっくり話された英語を聞き取って

口に出すのもかなり苦労します。

 

 

実践していくうちに口が慣れてきますので、

徐々にスピードが速い教材を使うようにすると

上手くいきます。

 

 

多読

 

 

多読とは文字通り、たくさん読むことです。

 

 

英語力を上げるためにはやはり大量の英語を読んだり、聞いたりする

必要があります。

 

 

ただ気をつけないといけないのは、多読の前提条件として

精読が出来ることが必要です。

 

 

精読というのは英文の構造を理解して読むことです。

(精読については又別記事で書きます)

 

 

精読が出来ないうちに多読しても意味は全くありません。

リーディングはたくさん読んでいればいつか分かるように

なるというものではありません。

 

 

 

精読できないのに多読することは、恩師の伊藤先生の

言葉を借りれば誤解と妄想を生むだけです。

 

 

 

私が多読の素材として利用したのは、洋書と英字新聞です。

 

 

英字新聞は英検1級を目指している時に

New York Timesを読みました。

皆さんもご存じの通りNew York Timesは

アメリカの知識人向けの新聞ですので、

難易度は高いです。

 

 

対象は英検1級を目指している人向けです。

 

http://www.nytimes.com/  

 

 

私が読んでいた時は電子版は全て無料で読めましたが、

現在は20記事までは無料、それ以上は購読料が必要です。

(1か月15ドル~)

 

 

私は、平日は社説全部とヘッドニュースの中で気になる記事を読み、

日曜日は100ページぐらい読んでいました。

 

 

英字新聞についても、興味をお持ちの方が多いので、

又別記事で書きます。

 

 

今は他に無料で利用できる素材があるので、

必ずしも英字新聞にこだわる必要はないと

感じています。

 

 

 

まとめ

 

 

ここまで読まれてきてどのように感じられましたか?

特に変わった学習法はしていません。

 

 

私は今まで多くの英語の達人の英語学習本を

読んできましたが、高い英語力を持つ人は

皆地道な学習を長期間行っています。

 

 

一発逆転のウルトラCはありません。

 

 

これからも様々な英語学習本が出版されると思いますが、

誰も知らない画期的な学習法というのはないでしょう。

 

 

言葉を身につけるというのは簡単ではありません。

大変なことだから腰を入れてやろうという姿勢が重要です。

 

 

ただやり方さえ間違えなければ、誰でも英語をマスターできる

と私は信じています。

 

 

頑張りましょう!!

 

 

英語教材、英語学習法について何か質問がありましたら、

お気軽にこちらからどうぞ。

原則24時間以内に連絡いたします。

 

⇒ナオタローに相談してみる  

 

 

スカイプお茶会をしませんか?

 

スカイプお茶会とはスカイプを用いたオフ会です。

 

英語学習をしていて困っていること、悩んでいることはありませんか?

 

+英検、TOEICの学習法が良く分からない
+何の教材を用いて学習してよいのか分からない
+今の自分の学習法で良いのか分からない 等何でもお気軽にお話ししましょう!

 

通話法:スカイプ(インストール、利用は無料です) 時間:20分~30分

料金:無料

 

ご希望の方はこちらのお問い合わせフォーム からお申込みをお願いします。

お問い合わせフォーム

こちらから折り返しご連絡を差し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:ナオタロー

海外、留学経験なしで、英検1級、TOEIC980点を取得。
独学で英検1級、TOEIC900点、英会話を習得する学習法について書いています。

詳しいプロフィールはこちら

スーパーエルマ―
英語を英語の語順で理解できる教材

スーパーエルマー
詳しいレビューはこちら
英語ビュッフェ
1か月1,980円で万全のTOEIC対策

スーパーエルマー
詳しくはこちら
カテゴリー
サイト内検索
タグ
最近の投稿
よく読まれている記事
最近のコメント
人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願います。


英語 ブログランキングへ

ツイッター

ページの先頭へ