本物の英語力 感想

目安時間:約 16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
2017-02-13_115207

ブログランキングに参加しています。

応援クリックよろしくお願いします。

 


英語 ブログランキングへ 

 

 

以前読んだこちらの本を再読しました。

 

 

本物の英語力 (講談社現代新書)  

 

 

感想を簡単に書きます。

 

 

はじめに

 

 


「この本は、英語が苦手な方、英語が嫌いな方、必要だと

思っているけど、英語はやる気がしないという方、

英語は好きだけど思うように上達しないと悩んでいる

多くの方々に、英語学習の新たな視点を紹介し、

英語を楽しみながら学んでいただきたいと考えて書いています。」

 

はしがきより

 

 

発音について

 

 

「発音は英語運用能力の重要な要素の1つではあるけれど、

すべてではありません。最重要なのは、話す内容であり、

コミュニケーションとして成立し伝わるための語彙であり、

文法であり、語用です。

 

と鳥飼先生はおっしゃっています。

 

 

そして

 

「自分が誰であるかのアイデンティティは大切にしつつ、

世界の人々とコミュニケーションをとるために、

英語の音とリズムの特徴を把握して、ゆっくり、はっきり

分かりやすい英語を話せば良いのだと、私は思います。」

 

と書かれています。

 

 

つまりネイティブスピーカーと同じような英語を話す必要はない

ということです。

 

 

私自身も発音は本格的に習ったことがなく。

日本語アクセントがかなりありますが、

コミュニケーションにはそれほど困っていません。

 

 

コミュニケーションが成立するためには、

完璧な発音である必要は必ずしもないと

私は考えています。

 

 

私が英語を話す時に

 

+ストレス(強弱)をつける

+抑揚をつける

+単語と単語を切らずにつなげて話す

 

ことに気をつけています。

 

 

いくつかのポイントを押さえるだけで

英語は通じやすくなるので、発音を気にしすぎる必要は

ありません。

 

 

語彙について

 

 

鳥飼先生は、語彙を増やすには英語をたくさん読むことを

勧めていらっしゃいます。

 

 

「単語を覚える際には、単語というのはコンテクスト(その場の状況)

によって意味が変わるので、まとまったセンテンスなりパラグラフの

中でどう用いられるかを知らないと結局は使えないということになる。」

 

と書かれています。

 

 

使える語彙を増やすためには、自分が興味を持てる内容の英語を

大量に読んで、その中で語彙を増やしていくのが一番良いと

いうことになります。

 

 

文法について

 

 

鳥飼先生は文法に関してはさじ加減が重要だとおっしゃいます。

 

「文法にかまわなさすぎるとハチャメチャな英語になりますし、

文法的な正確さにこだわり過ぎると完璧に陥り怖くて話せません。」

 

 

私自身も英語を話す時には、なるべく文法を間違えないように

気を付けて話すようにしていますが、どうしてもミスは

してしまいます。

 

 

文法を間違えた時は、間違えた理由をきちんと理解し、

次に話す時には同じミスをしないように気を付けています。

 

 

なるべくミスをしないように気をつけないといけませんが、

ミスを気にしすぎてもダメです。

 

 

まさに鳥飼先生がおっしゃるようにさじ加減が大切です。

 

 

鳥飼先生は、英語を学ぶことが、「異文化との格闘」であると

おっしゃいます。

 

「そう考えて、英文法と正面から向き合ってみると、

日本語とのあまりの違いに唖然としつつも、違うからこそ

面白いということにも気づきます。日本語とも違うからこそ

異なる世界を知ることになるわけで、だから英語を学ぶ意義が

あるのです。本当に理解しようと思ったら、文法もひっくるめて

英語という言語文化を知ることです。」

 

 

英語(英文法)を学ぶことが、異文化を理解することにつながると

考えると、英語(英文法)を学ぶことも楽しくなってきませんか?

 

 

英語はスキルか内容か?

 

 

「英語教育で議論になるのは、技能(スキル)か内容(コンテント)か、

どちらかに焦点を当てるかという点です。もちろん、本来は二項対立では

なく、英語は内容を表現するために学ぶのであって、それには語彙や文法や

発音などのスキルを学習する必要があります。」

 

 

「英語のスキルを習得することに主眼を置かないで、自分が関心がある

内容を英語で読んだり、書いたり話したりに集中することで、

結果的に英語の力がつくことになります。」

 

 

私も英語力を上げるには、自分が関心があること、又は知りたいと

思うことを英語で学ぶことが一番だと考えています。

 

 

こうした主体的な英語学習をしていれば、結果として英語のスキルも

上がってきます、

 

 

 

英語の検定試験について

 

 

「英語能力検定試験とは、今の自分の英語力が、他の人たちと比べた時に

どの程度かを調べるものなのだと割り切れば良いのです。」

 

 

「英語能力試験は、ビジネスの場における人間力や仕事力まで測るわけでは

ないので、限界があるのは当然です。あくまで英語力の参考に過ぎないので

過信すると失敗します。」

 

 

私も英検やTOEICといった試験は英語力の伸びをチェックする

ために使うのが良いと思います。

 

 

点数を上げること自体が目標になってしまうと

本末転倒です。

 

 

鳥飼先生もおっしゃっているように、社会に出て仕事で英語が必要な時も

英語以外の要素(人間性、交渉力等)が重要になることが多いです。

英語さえ出来ればなんとかなるという考えは危険です。

 

 

 

まとめ

 

 

他にも書きたいことはありましたが、長くなったので

まとめます。

 

英語学習の基本原則

 

(1)ネイティブスピーカーを目指すのではなく、

自分が主体的に使える英語ー「私の英語」を目指す

 

 

(2)英語を覚えようとするのではなく、知りたい内容、

興味のある内容を英語で学ぶ。

(これは内容と言語を統合して学ぶという新しい学習アプローチに

繋がる考え方です。)

 

 

 

英語を学びたいが、何から始めて良いか分からない、

何をどう学習すれば良いか分からないという方は

是非「本物の英語力」を読んでみてください。

きっとどの様に英語を学べば良いか分かります。

 

 

英語学習を頑張りたいのだけど、何からやったら良いか分からない

という方は、スカイプお茶会でお話ししましょう。

こちらからお話を伺いますので、話すことが苦手な方でも

大丈夫です。

 

 

英語教材、英語学習法について何か質問がありましたら、

お気軽にこちらからお願いします。

原則24時間以内に連絡いたします。

 

⇒ナオタローに相談してみる  

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援クリックよろしくお願いします。

 


英語 ブログランキングへ  

 

スカイプお茶会をしませんか?

 

スカイプお茶会とはスカイプを用いたオフ会です。

 

英語学習をしていて困っていること、悩んでいることはありませんか?

 

+英検、TOEICの学習法が良く分からない
+何の教材を用いて学習してよいのか分からない
+今の自分の学習法で良いのか分からない 等何でもお気軽にお話ししましょう!

 

通話法:スカイプ(インストール、利用は無料です) 時間:20分~30分

料金:無料

 

ご希望の方はこちらのお問い合わせフォーム からお申込みをお願いします。

お問い合わせフォーム

こちらから折り返しご連絡を差し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:ナオタロー

海外、留学経験なしで、英検1級、TOEIC980点を取得。
独学で英検1級、TOEIC900点、英会話を習得する学習法について書いています。

詳しいプロフィールはこちら

スーパーエルマ―
英語を英語の語順で理解できる教材

スーパーエルマー
詳しいレビューはこちら
英語ビュッフェ
1か月1,980円で万全のTOEIC対策

スーパーエルマー
詳しくはこちら
カテゴリー
サイト内検索
タグ
最近の投稿
よく読まれている記事
最近のコメント
人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願います。


英語 ブログランキングへ

ツイッター

ページの先頭へ